消費者金融

多重債務キャッシング

他の項でも記述したように、数年前に施行された法改正(総量規制)によって、年収の三分の一以上借金がある人への新規キャッシングは規制されるようになりました。

これによって毎月の支払いを新規キャッシングで賄っていた方(自転車操業)は路頭に迷うことになったわけですが、普通に考えるとこの規制によって債務整理に走る人が増えるものと思われるでしょう。

しかし規制以後そういった話は聞いたことがありません。では、借りれなくなった方はどこへ行ったかと言いますと、総量規制対象外の消費者金融へ向かったと考えるのが筋かと思われます。

銀行

総量規制が対象外となるのは、銀行ローンや自動車ローン、あるいは複数の債務を一本化するおまとめローンなどが代表的ですが、そういった代表的なローンは審査が厳しいのが一般です。

とても多重債務者が審査に通るとは思えません。そうなってくると、総量規制対象外のローンは非合法な金融会社(ヤミ金)ということになります。

何度も記述するようですが、非合法な金融業者は法定金利も非合法になっていることが多いので、法外の金利を要求されることを覚悟しなければなりません。

もっとも多重債務者への融資は金融業者側にとってもリスクのあることなので、少々の高金利は当然といえば当然なのですが・・

しかし違法であることは確かです。そのような非合法な業者からの融資は回避することが得策です。